個人山行(木曽駒ヶ岳)

年月日 :2019年7月7日(日)
山名  :木曽駒ヶ岳
山域  :中央アルプス
メンバー:TI

天気:雨
山行目的:夏山に向けてのトレ-ニング
山行行程:7:15菅の台バスセンタ- → 8:15千畳敷駅出発 →乗越浄土(休憩10分)→ 9:28頂上9:35 →
10:30千畳敷駅11:00→11:50菅の台バスセンタ-

   週末土曜日は仕事であり、来週から二週間山行に行けないので、日曜日日帰りで行くことにしました。登ったことのない山を考えましたが、天気不順も考えられたので、冬山トレ-ニングで利用した木曽駒ヶ岳にしました。濃ケ池分岐、宝剣岳、極楽平をコ-スとし、ガイド上約6時間の計画でした。

 朝4時20分名古屋を出発した時には既に雨が降り始め、前線は駒ケ根あたりまで上がらないだろうと安易な考えで中央道を北上。到着した菅の台バスセンタ-には沢山駐車しており、トレイルランニング、中央アルプススカイラインジャパンの開催を知り納得。見るから体形が違う人たちが準備に勤しんでいました。

 しらび平駅手前から雨が降り出し、千畳敷駅では本格的な雨となり、千畳敷カ-ルは全く見えません。気温は13度と冷たい雨で、合羽を着て出発。途中で暑くなり脱ぎましたが、再度乗越浄土で着て予定のコ-スを断念してとりあえず山頂を目指しました。山頂はほとんど視界がなく雨風も強く長居できるような様相もなくとっとと下山しました。

  まぁっこんな日も経験しないと数日かけての縦走にも対応できないと言い聞かせ下山しましたが、下界はとても良い天気でした。(´;ω;`)