個人山行(下見山行)岩籠山(765m)

年月日 :2020年3月15日(日)
山名  :岩籠山(765m)
山域  :越前、近江の山
メンバー:KO(L)、TI(会計)、NI

岩籠山:金山駅(6:40)→市橋登山口(8:15-35)→尾根分岐(10:35-45) →岩籠山頂上(11:10-11:25)→インヂィアン平原竜ヶ岳頂上(11:45-12:05)→ 奥野山(13:00)→駄口登山口(13:30)→市橋駐車場(14:30)

 春山合宿新緑組の下見山行に行ってきました。北陸自動車道の敦賀ICで下り、1時間半ほどで市橋駐車場、準備を整え市橋コースの林道歩きから、天気予報は昼から雨予想、まだ青空で風もなく、桜も咲いています。のどかに登山開始です。

林道が終わるとすぐ徒渉が 有り、沢沿いに登山道が続いています。2~3mの沢をストックで体を安定させながら 慎重に数回渡り、小さな滝を数多く巻きながら高度を上げ、沢が細くなっても、徒渉渡りが続き、尾根直下まで、23回徒渉渡り1時間半、神経が疲れました。

尾根で休憩、いつの間にか雲空になっていました。頂上で若い二人から「インヂィアン平原」は何処ですかと 聞かれ、東側を見ると熊笹の草原に、数カ所奇怪な岩が点在してインヂィアンの冠(個人の 見解)のように見え、ヤマップとも一致していました。私たちもインヂィアン平原でお昼に しました。北の眼下に敦賀湾、東の方に目を移すと白山から伊吹山まで一望できます。

振り向くと琵琶湖も見えます。360度の展望を堪能して、駄口登山口に向け下山しました。駄口登山口に出る頃から雨が降り出し、小降りの中、市橋駐車場に戻りました。

春山合宿は駄口コースに変更します。登り2時間半、下山2時間、休憩等を含め5時間ほどの山行です。