個人山行・白駒荘

年月日 :2019/2/9-10
山名  :にゅう
山域  :北八ヶ岳
メンバー:MK(L)、TI(SL)、SS、kK、DR

2月9日(土)曇りのち雪

コースタイム:渋の湯駐車場9:40→登山口10:12→賽ノ河原11:30→高見石小屋12:12→白駒荘12:45

今年一番の寒波と予報され、お天気が心配された中、少し予報が良くなったのを信じて八ヶ岳に向かいまいした。

駐車場に着いた時点では、曇り、雪は降っていません、周りの木に雪はなし。

準備をして、登山届前の橋が凍っている為アイゼン装着します、樹林帯を抜け賽ノ河原辺りから雪が舞いはじめ、風も出てきた為休憩場所を逃しやっと一息ついたのは、1時間30分たっていたのでさすがに疲れました~

2時間位で高見石小屋に着き、そこから白駒荘まではルンルン下りで快適です。早く着いたので明日のにゅうへのトレース確認に行き白駒荘へ到着、その後雪と風が強くなり外は吹雪で明日が心配でした。

白駒荘は、昨年秋に再建されたばかりなので、木の香りがして、食事も美味しくお風呂もあり、すべてピカピカで皆で絶賛でした。是非泊まってみて下さい。

2月10日(日):曇り時々晴れ

コースタイム:白駒荘7:45→にゅう9:08→中山10:18→展望台10:37→中山峠11:15→黒百合平11:36(休憩)12:00出→唐沢鉱泉分岐1:30→渋の湯11:51

前日からの雪で天気が心配でしたが、朝起きたら雪はやんでいました。6:30の朝食時、宿のご主人より本日の天気は晴れですと言われ皆さん嬉しそうでした。

私達も予定どおりにゅうに向かいます。白駒荘を後にして歩き始め時々太陽の日差しを受けながら、昨日の景色とは打って変わって白銀の世界を堪能出来ました。

にゅうまでは登り、冬靴とアイゼンで息があがります、にゅうの頂上からは、天狗、硫黄、白駒池が望めます、富士山も見えるようですが今回は残念!

にゅうを後にして中山へ、ちょっと寄り道をして展望台へ、この登り短いですが結構キツイです。展望台からは中央アルプス、御嶽が見え、木にはエビのしっぽも。。。中山峠を経て黒百合ヒュッテへ、ここでちょっとティータイムそれぞれ好みの飲物を頼みホットひと息つきあとは延々下ります。

計画どおりの山行になり、寒さもそこまで厳しくなく楽しい時を過ごす事ができました。参加の皆様お世話になりました。